KOHSEI Co.,LTDEnglish Site
トレーディング KMVフレコンバック KMPフレコンバック
北九州工場 北九州工場ホームページへ
粉末冶金製品リサイクル

 先端技術の進歩によって、高機能粉末冶金製品が開発され、エレクトロニクスを中心に様々な分野で使用されています。 その製品の多くには高価な希少金属が使用されています。 これら高価な希少金属の殆どは限られた地域で産出される為、供給が不安定になり、需要に対応できなくなり価格が大きく変動することがあります。
 この様な需給バランスによる価格変動を避ける為に、高付加価値の粉末冶金製品の回収及びその安定供給の要望が高まってきております。

 当社は 2000年2月に高付加価値粉末冶金リサイクルの工場を北九州市に建設しました。 この工場のプロセスは亜鉛蒸留法で、元来 WC-Co粉末冶金製品用に開発された方法です。

 この亜鉛蒸留法の特筆すべき特徴の一つは、排水、排ガス 及び その他の廃棄物の発生がないことです。 またそれはこの回収工程において原料のロスが殆どなく"高回収率"を達成できます。これは環境保全の観点からは理想的なリサイクルプロセスです。


超硬合金リサイクルプロセスの原理

超硬合金リサイクルプロセス:亜鉛蒸留法

原理:
WCとバインダーの焼結品である超硬合金を溶融した亜鉛に投入すると、バインダーとしての金属が溶融亜鉛に溶け込み、WC粒はバラバラに分離する。
その後真空中で亜鉛を蒸発させると、溶融亜鉛中に合金化していたバインダーがWC粒表面に析出し、焼結前と同じ組成の粉末にもどる。
注)超硬合金以外でも 高融点金属または化合物の焼結品であれば亜鉛蒸留法を応用できる。 実際にW-Cu合金焼結品に対しても粉化できた。

例)超硬合金の場合 (WC-Co)
超硬合金の場合 (WC-Co)

リサイクルプロセス
リサイクルプロセス図


高純度金属の製造

 超高純度のクロムやモリブデン等の金属粉末を焼結して製造されるスパッタリングターゲット材は、大型化が進むプラズマテレビ・液晶テレビ等のフラットパネルディスプレイ、携帯電話・ノートパソコン用液晶画面の電極・カラーフィルター、また半導体や磁気記録用にも使用されており、その最終需要分野は多岐に渡り、電子デバイス分野において必要不可欠な材料となっています。

 当社は第1工場で既に事業化している粉末冶金のリサイクルで培った真空炉及び粉砕の技術を基に、電解金属クロム中の酸素や硫黄などの不純物を低減・精製し、粉末化する技術を独自に開発致しました。
 そして2006年3月に第1工場に隣接する第2工場を竣工し、スパッタリングターゲット材用を主な需要分野とした超高純度金属クロム粉末の製造を開始致しました。

 また第2工場では超高純度金属クロム粉末の製造に加え、使用済みスパッタリングターゲット材の再精製・粉砕といったリサイクルも受託しております。 さらにクロムだけでなくモリブデン・タングステン等のスパッタリングターゲット材に使用される高純度粉末冶金用材料についても応用できる技術を確立し、需要家の幅広いニーズにお応えして参ります。

高純度金属クロム製造フロー
高純度金属クロム製造フロー

お問い合わせ:北九州工場営業部
E-mail: sales@kohsei.co.jp


品質・環境への取り組み

 当工場ではお客様に満足いただける製品をお届けするとともに、地球環境保全に貢献できるよう、ISOマネジメントシステムを構築し、認証を取得しております。

品質・環境方針

株式会社 光正は、希少金属に関するリサイクルを行い、再生原料を市場の求める加工製品として提供することで、環境に適した産業界の役割を担っています。この一方で、製造過程において環境に負荷をかけているとの認識を持っております。これらの事から、北九州工場としてお客様の満足を得る製品の提供と、環境への負荷の低減のために品質・環境方針を次のように設定します。

  1. 高品位またはリサイクルした希少金属製品をお客様に満足いただける形で生産・提供し、資源の有効活用に貢献することで、品質による顧客満足と循環型社会への貢献に努めていきます。
  2. 品質及び環境に関連する法規制及び当工場が同意するその他の要求事項を遵守します。
  3. お客様のニーズを満たす製品開発に取り組み新たな需要を発掘するために常に技術向上を目指し、省エネ・省資源・廃棄物の削減による省資源化とリサイクル原料の開発による再資源化による環境への改善に努めていきます。
  4. 1〜3の実現のため社会的需要と経済的なバランスをとりながら製造活動を行い、持続可能な社会に貢献するために環境保全に取り組みながらISO9001及びISO14001に従った品質・環境マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を図っていきます。
  5. 品質・環境方針は文書化し、実行し、維持し、全従業員に周知し、マネージメントレビューにより、年1回及び必要な都度見直し、一般の人が入手できるようにします。
平成26年4月1日
株式会社 光正
代表取締役社長
駒谷 光豊

株式会社光正北九州工場では、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」および環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得しています。


北九州工場所在地
福岡県北九州市若松区響町1‐109
響灘臨海工業団地内

■小倉駅からタクシーで約20分
■若松駅からタクシーで約15分


▲ このページのトップへ